セゴビアの歴史遺跡

先史時代から現在まで、ローマ時代と中世を経て

イントロ

セゴビアの歴史は古く、市内で先史以前の遺跡も見つかっています。古くはケルトの人々が住んでいました。アルカサル城はケルト人の砦跡に作られています。またイスラム文化とユダヤ文化、そしてカトリック文化の融合も見逃せないセゴビアの魅力となっています。

    ローマ時代

    ローマ時代から残る遺跡も多く、中でもローマ水道橋は世界で最も保存状態の良いローマ時代の遺跡の一つとして数えられます。

    中世

    セゴビアは13世紀にカトリック女王イザベル1世の戴冠した事により、スペイン:カスティージャ・イ・レオン王国の中心地となりました。セゴビアは金貨鋳造の地としてもヨーロッパのみならずイスラム世界でも有名になり、政治・経済、そして羊毛やガラス生産により商業の中心地でもありました。

    総論

    多くの民族と時代に愛されたセゴビアは大変多くの歴史遺跡が残されています。
    セゴビア博物館でセゴビアの歴史遺物やその発掘の歴史を見ることが出来ます。またセゴビア大聖堂、アルカサル城、王立造幣局博物館などの中世の遺跡、そして一大スペクタクルとして世界から観光客を集めるローマ水道橋。カトリック遺跡であるサン・アントニオ・レアル修道院。文化遺跡としてカトリック時代以前のユダヤ文化を見ることのできる中世ユダヤ人有力者の屋敷跡に建てられた、ユダヤ人教育文化センター、などなど。セゴビアには見逃せない重要な歴史遺跡があります。

    その他の歴史遺跡

    ローマ水道橋:アクエドゥクト

    セゴビアにローマ帝国がやってきた時にはすでに先住民により水資源の殆どが占拠されていました。ローマ帝国にとって水資源の確保が一番の課題でありました。 アクエドゥクトの建設は幾つもの意味があったようです。
    ……

    アルカサル城

    世界の名城の一つに選ばれ、おとぎ話に出てくるお城のモデルにもなったアルカサル城。スペイン史の中で重要なお城の一つです。トラスタマラ朝、ブルボン王朝と、多くの王に愛された城です。

    .

    セゴビア大聖堂

    街の中央大広場:プラザ・マジョールのアルカサル城につながる通りに位置するセゴビア大聖堂:聖マリア・聖フルート寺院は1525年から建設が始まった後期ゴシックスタイルの建造物で、建設には50年余りのも年月がかかりました…

    メッセージお問い合わせs

    以下からご連絡ください。

    質問をする

    お電話ください

    0034 921 466 720

    オフィスの場所

    Plaza Azoguejo, 1, 40001 Segovia, Spain

    }

    営業時間

    月~金 10:00-14:00 / 16:00-18:00

    土 10:00-18:00 / 日 10:00-15:00

    Eメール

    info@turismodesegovia.com