見所・お薦めスポット

セゴビアの街のハイライト、見逃せない忘れられない場所

見逃せない歴史遺跡の数々

セゴビア市内に数多くの歴史遺跡が存在します。どれもユニークで見逃せない遺跡ですがここではセゴビアをセゴビア足らしめる最重要な歴史遺跡をご紹介します。

2000年の時を超え街のシンボルとしてそびえるローマ水道橋、通称アクエドゥクトはセゴビアに来たら見逃せない遺跡の一つです。花崗岩のブロックを積み上げただけで出来た水道橋は現代の奇跡の一つです。全長15キロメートル、最長28メートルの水路は遠く南に位置するフリオ川から街に水を引き入れるために建造されました。ローマ帝国の政治的な象徴として建造されたと説明する歴史家もいます。アーチの総数167個、花崗岩ブロックの総数2万4百個の建造物はすでに中世、歴史遺産として国王に認定されていました。1985年12月UNESCOにより人類の文化遺産として認定。スペインの宝としてだけでなく、世界の宝と認定されたといえます。この偉大な歴史遺跡の奇跡を是非セゴビアに来て堪能してください。

    人気アニメーション映画のモデルになったとも言われるアルカサル城。実はアルカサル城の起源は中世よりはるか昔に遡ります。紀元前ケルト人の砦が元となり現在のアルカサル城が建設されました。紀元前の昔より非常に重要な場所であったようです。13世紀アルカサル城はカトリック女王イザベルの戴冠した城としてスペインの中心となりました。中世の軍事重要拠点として陸軍砲学校が置かれ当時最先端の科学と数学がここで行われていました。現在も当時の様子を城内併設された博物館で見ることが出来ます。

    セゴビアの守護聖人サン・フルートを祀る大聖堂はその美しさから大聖堂の貴婦人と呼ばれ中世の時から人々魅了してきました。場内の礼拝所やパイプオルガン、ステンドグラスなど美しい装飾品と宗教芸術は美術館のようです。大聖堂内には当時の美術品を展示した博物館も併設されています。

    ユダヤ文化教育センター

    中世最も影響力のあったユダヤ人アブラハム・セオネルの屋敷を改装したユダヤ文化教育センターはカトリック国でなかなか触れる機会のないユダヤ文化を私たちに観せてくれます。歴史遺物や3Dプロジェクターにより、視覚的にユダヤ文化体験できる貴重な施設です。併設された土産店もユニークで他では手に入れることの出来ないユダヤ文化のアイテムが数多く販売されています。カトリック国にあってユダヤ文化に寛容であったセゴビアのユニークな歴史故に存在するこの教育センター。セゴビアに来たら見逃せない重要な施設の一つです。

    ユダヤ人文化教育センター
    カトリック女王イザベルの相談役を務めたセゴビア史上もっとも有名なユダヤ人:アブラハム・セオネルの屋敷であった建物が現代でユダヤ人文化教育センターとして中世のユダヤ人の生活習慣、文化を後世に伝える博物館になっています。

    メッセージお問い合わせs

    以下からご連絡ください。

    質問をする

    お電話ください

    0034 921 466 720

    オフィスの場所

    Plaza Azoguejo, 1, 40001 Segovia, Spain

    }

    営業時間

    月~金 10:00-14:00 / 16:00-18:00

    土 10:00-18:00 / 日 10:00-15:00 

    Eメール

    info@turismodesegovia.com